お問合せ

自習カフェで
”なりたい自分”へ
電話/見学対応は、

平日11時~19時30分土日祝10時~16時30分

時間貸し・ドロップイン・都度利用は

ご利用頂けません。


自習カフェとは

◆「自習カフェ」は大阪を中心に展開する「音楽が流れる大人の為の自習室」です◆

自習カフェ」は2013年に誕生し、現在大阪で15店舗、利用者数は3,181人を超える自習室です。

梅田店、淀屋橋店、西中島店、江坂店、江坂LC店、本町女性専用店、心斎橋店、南森町店、JR天満店、大阪天満宮、谷四/堺筋本町店、上本町店、鶴橋店、阿波座店、谷町六丁目店を展開中です。


日本には大人が勉強する為の空間が自宅以外に無いですよね?図書館は原則自習は禁止だし、Cafeは長時間の利用は気を遣って勉強しづらい。そもそも勉強する場所ではないですからね。

「勉強し、なりたい自分になる!」そういった志の高い方の為に、自宅でも会社でもCafeでもない”第4の場所”を提供するのが「自習カフェ」です。

日本には大人が勉強する為の空間が自宅以外に無いですよね?

図書館は原則自習は禁止だし、Cafeは長時間の利用は気を遣って勉強しづらい。そもそも勉強する場所ではないですからね。

「勉強し、なりたい自分になる!」そういった志の高い方の為に、自宅でも会社でもCafeでもない”第4の場所”を提供するのが「自習カフェ」です。

◆大人にとって「勉強」とは◆

例えば車を購入すると資産価値は年々目減りしていきます。それに比べ知識は目減りすることはありません。何があっても人から盗まれない資産と言われる「知識」。その知識を身に付けることが勉強です。勉強する事でスキルUP「なりたい自分になる」それが大人にとっての勉強だと思います。

「音楽の流れる自習室」は他にはありません。

自習室に求める便益は、勉強がはかどり目的の試験に合格する事だと考えます。そこで自習カフェでは、記憶の定着が良くなり、集中力が高まると言われる音楽を流しています。(詳しくはこちら→集中力アップや記憶力向上に効果的⁉勉強にオススメのクラシック音楽」)

また一般的な自習室は無音で静けさを売りにしていますが、実際に無音の空間はあり得ません。なぜなら他の方と同じ空間をシェアする為、絶対に雑音は発生します。自習カフェではこの雑音を軽減するマスキング効果も考慮の上、音楽を流しています。

自分のスタイルに合ったコースを選択して使って頂きたい。
例えば会社勤めの方であれば、勉強に割ける時間は就業後と休日だと思います。それ以外の時間はどうせ使えません。まして"24時間"利用出来ても本当に使いますか?

人間が集中して勉強できる時間は、諸説ありますが大人で90分だそうです。
だから大学の1コマは90分に設計しているそうです。そう考えると「平日は仕事終わりに90分集中して勉強する」「休日は90分勉強し、休憩を入れて更に90分集中し、合計3時間集中する」。こんな勉強の仕方、使い方が効率的だと考えています。

そんな使い方をして貰う為に適したコースとして、平日17時~、土日祝日は終日利用できる「レギュラーコース」をご用意いたしました。

「自習室」と言うと、機能的なサービスは「机と椅子があるだけなので、どれも一緒」と思っていませんか?

実際に色んな自習室を見比べてみると、結構違いがあります。
室内の広さや通路幅、清潔感、雰囲気、休憩スペースの有無など…
後悔しない様に、出来るだけ実際に見比べてから決められる事をお勧めします。

大人にとって勉強は、「非日常」的な行動です。
その勉強をする環境として、「日常」である自宅は不向きだと思います。
なぜなら自宅だと、ついついテレビを見てしまったり、郵便が届いたり、普段気にならない部屋の汚れが気になったり・・・と集中力が途切れる事が沢山あるからです。
残念ながらこの環境では、勉強は進みません。

まず行うべき事は環境を整える事です。

こんな時、問題解決に是非、「自習カフェ」をご利用下さい。
室内はダークブランを基調としており、落ち着いて勉強できます。
大人が利用したいと思える自習室を目指します。 

出来るだけ沢山の場所に出店しすることで利用し易く、出来るだけリーズナブルな価格設定で、お客様の自己研鑽/スキルアップの場所を提供していきます。

ここ3年で大阪府下の自習室の数は1.4倍に増えています。自習カフェも今年(2019年)に入って2店舗増えました。

2019年12月3日読売新聞にも取り上げられるなど、自習室を利用する方は今後も増加していきます。

たHPの閲覧者は60%女性ですが利用者は男性の方が多いです。本町に女性専用店があるのですが、まだまだ女性の利用者を取り込めていないのが課題です。

自習カフェのオプション一覧