簿記2級1日1時間、3ヶ月の合格方法

 勉強を始めるにあたって私がまず行ったのは試験日程の決定でした。テキストの選択や勉強の計画を立てる前にです。こうすることで勉強を始めざるを得ない状況へと自分を追い込みました。そこからテキストの選択を始めたわけですが、ここでも心がけていたことがあります。それは図や絵が多く、文章が少なめのものを選ぶということです。私は簿記の知識が全くなかったため、長い文章の説明を読んで理解しようとすると時間がかかりすぎてしまうと考えていました。実際に図や絵であれば一度見ただけでわかることが多かったです。このため、教材を選ぶ場合にはネット等のレビューではなく、自分で本屋に足を運ぶべきでしょう。

 

 教材の選択が終了したらそれを何度も読んでみました。合格の為にはまず試験範囲の全体像をつかむことが必要です。何度も読んでいるとすぐに理解できた部分とそうでない部分がでてきました。ここまでに3週間くらいの時間をかけました。その後は各分野の内容把握に移りました。ここではすぐにできる分野の完成を優先し、難しい分野は簡単な分野と並行しながら少しずつこなしていきました。この内容把握にはおよそ1ヶ月ほどかかりました。また、対策は11時間で必ず打ち切る事は心がけました。

 

 内容の把握が終わったら残りの時間は過去問題を解く事を徹底しました。できない問題はすぐに解答を確認するのではなく、テキストで調べて答えを出し、調べた箇所には付箋を貼るようにしました。この時間違えた問題には必ずチェックを入れておき、次の日にやり直す。これを繰り返しながら過去問題を5年分解き、すべての問題の答えを覚えるくらいまで練習を繰り返し、試験に臨みました。


 自習カフェ 江坂LC店 40代女性





合格できた私の簡単なFP2級の勉強法

 生命保険の営業をしており、独立するための訴求できるバックボーンがほしかった為、FPを取る事にしました。また、今の勤め先で資格手当があったので、それも目的にモチベーションを上げて勉強しました。


 私は通信講座の通勤講座が主催するファイナンシャルプランナーコースを受講しました。ビデオがついているので基本的な説明をわかりやすくしてくれますのでテキストと併用するとより理解が深まりました。それでもわからないことは電話や文章での質問するサービスがありましたのでそれを利用しました。持ち運びやすい大きさと厚みのテキストなので通勤時間も活用しました。過去問題集があり10回以上繰り返し使うことで問題の傾向と考え方を完璧に頭に叩き込みました。


 単語や暗記系は、通勤時間の電車の中や昼休みに行ったうえで、自宅では問題を解くことでその暗記の成果を確認しました。計画的に暗記をするためにテキストは4回繰り返すようにして、6か月の計画を組んで取り組みました。自宅ではなかなか集中できないので、土日の休みの日は、自習室を活用して、勉強できる環境で4時間こもりました。周囲の人たちも勉強をしていますので刺激になりましたし、雰囲気がよく程よい緊張感の中、快適に取り組むことができました。一週間に一度は勉強しない日を設けてリフレッシュことで詰め込みすぎないようにしました。やはり独学では厳しいので通信教育という質問できるシステムがある環境を選択しました。


 仕事をしているときは毎日1時間を確保しました。残業するときは、思い切って寝ながらテキストを読む程度のリラックスして行うことでモチベーションを維持しました。休みには力を入れて、9時~14時まで自習室を利用して、夜は2時間を確保しました。後は隙間時間を見つけて通勤の往復で1時間と昼休みの30分で単語や自主学習でできなかったメモを振り返る簡単な勉強を取り入れました。1週間に1度は何もしない休暇日を作りました。


 まずは計画を立てることでテキストなどの教材を複数回することを日程に織り込むことで、暗記の質を高めることとしっかりとなれることです。また、隙間時間を暗記時間としてできなかったところに特化し、定期的に休暇を挟むことで継続することが重要です。

 

 自習カフェ 本町女性専用店 30代女性




簿記3級から始めて1級に合格した私の勉強方法

 簿記の勉強を始めたのは、いつか税理士か公認会計士の資格を取得して、転職したいと考えたからです。また、大学で初歩的な簿記の勉強をした経験があったので、他の受験生よりも多少有利なのではないかという期待もありました。初学者は日商簿記4級から始めますが、私は3級から学習をスタートすることができました。

 

 日商簿記3級から2級、そして最終的に1級まで受験したのですが、使用したテキストはすべてLECのものです。LECの通信制簿記講座に申込みをしたので、すべてその講座で使用するテキストと問題集を使用して勉強しました。市販の問題集を買おうかとも考えましたが、簿記講座では答案練習会、略して答練という模擬試験のような授業が頻繁に行われるので、市販の問題集に手をつける時間はありません。いろいろな問題集を中途半端にやるよりも、答練や授業で使う問題集を繰り返して解いたほうが、実力が付きやすいです。LECのテキストは解説がわかりやすく、覚えるべき箇所が赤色の文字になっていたり、アンダーラインが引いてあったりして、良いテキストでした。テキストや問題集以外に購入したのは、12桁が表示できる電卓、会計法規集などです。2級の試験では10桁の電卓では表示できないので、12桁の電卓が必須になります。

 

 仕事が忙しいときには、1週間くらい勉強できないこともありました。勉強する間隔が空いてしまうと、以前学習したことをもう一度復習しなおさなくてはならないので、時間がかかります。そのため、仕事が忙しい時期でも、学習する日の間隔が飽きすぎないように気をつけました。気分がのらない日や疲れている日でも、15分だけでいいから勉強しようと思うと、なんとか机に向かうことができました。日商簿記3級の試験を受けたときに、時間が足りなくなって焦ってしまったので、2級や1級の勉強をするときには、問題に正解するだけでなく、いかに早く解くかにも気をつけました。じっくりと考えればわかる問題であっても、試験時間内に解けないと意味がありません。解くスピードを意識するのは簿記の学習では重要だと思います。

 

 私は日商簿記3級に合格したあと、2級と1級の試験にも合格することができました。現在は税理士試験の勉強をしています。簿記の知識は、仕事で役にたつだけでなく、税理士や公認会計士、不動産鑑定士試験へステップアップするときの基礎となります。いきなり税理士試験の勉強を始めるよりも、3級から2級、2級から1級と少しずつ進んでいける簿記の試験は学習するモチベーションが保ちやすいです。

 

自習カフェ 心斎橋店 30代男性




1日の勉強時間を決める!FP1級に合格するための勉強方法

 お金にまつわる相談に乗ることに興味を持っていたことが、ファイナンシャルプランナーを目指すきっかけになりました。私の友人の両親が多額の借金に苦しんでいる姿を目の当たりにして何とかしてあげたいとも思いました。

 

 私が主に使った参考書は、ファイナンシャルプランナーの教科書という参考書です。この参考書を基本的には、肌身離さず持ち歩いて活用していました。会社員として勤務もしていましたので、通勤先にも持参して、休憩時間には目を通すようにしていました。最も集中できたのは行きの通勤電車の中です。なぜか頭の中に重要事項などがスッキリと入っていくような気がしていました。会社が休みの日には、自習室にこもってファイナンシャルプランナーの教科書に目を通すのが大好きでした。音楽が流れているのと、他の人がいることが、妙に心地よかったです。とにかく会社員として仕事をしながらでも、毎日数分でもいいから時間を見つけて勉強することが大切だと思いました。

 

 とにかく、諦めることなく資格試験にパスすることをイメージしながら勉強に集中することにしました。そして、過去の問題集も積極的に活用することにしました。そして問題の傾向を読み解くことに時間を割くことにしました。また、ネット上での情報もしっかりとチェックするようにしました。同じような境遇にある人の意見や考えを見るのもとても有意義なことだと思いました。また勉強しすぎて、次の日に影響するのだけは避けました。最初の頃は休日に勉強しすぎると、次の日は集中することができなかったからです。それからはメリハリをつけるために、一日の勉強時間の上限を決めることでバランスをとることにしました。ダラダラとすることで、勉強の精度が落ちることも嫌だったので、集中力を切らさずに臨むようにしました。

 

 資格試験に合格するためには、真剣になって日々の勉強を行うことが大切です。過去の問題などのチェックすることも合格への近道になります。また、集中して勉強をするためにも一日の勉強時間を決めることも大事です。

 

自習カフェ 江坂LC店 20代女性




社会人が短期間でFP2級とFP3級に合格できる勉強方法

 ファイナンシャルプランナー3級を受験した理由は、金融資産や社会保険、不動産などの社会常識を身に着けたかったからです。ファイナンシャルプランナー3級の試験勉強を通じて、金融や不動産、相続など得意でない分野について体系的に学ぶことができると考えました。

 

 使用したのはユーキャンのFP技能士3級速習テキストです。書店の資格コーナーに並んでいるフィナンシャルプランナー3級のテキストを何冊か見てから、このテキストが一番わかりやすかったので、これに決めました。文字ばかりのテキストより、イラストや図表が多いほうが理解しやすいと考えたためです。それから、問題集も同じくユーキャンのFP技能士3級過去予想問題集を使用しました。テキストと問題集は別々の出版社のものを使用するよりも、揃えたほうが勉強しやすいです。テキストの単元を切りの良いところまで2回ほど読んだあと、その単元に対応した問題集の問題を解くというやり方で勉強しました。勉強時間は週に3日から4日ほど、それぞれ30分から60分程度です。

 

 勉強中は、学習している分野にできるだけ興味をもつように意識しました。例えば、金融資産の投資信託について学習しているときは、将来自分も投資信託を始めるつもり取り組みました。自分は投資信託なんてどうせやらないから関係ないと思っていると、なかなか頭に入ってこないためです。同じように、不動産や相続などについても、いつか必ずここで学ぶことが必要になると信じて学習した結果、短い学習時間でそこそこの効果を上げることができました。また、よくわからないところがでてきたときに、あまり深く考え込まないことも意識していました。理解できない箇所に時間をかけすぎるのは、限られた学習時間しか確保できない社会人の場合は、非効率的だからです。テキストに書いてあることの8割くらい理解できればよいと考えていました。

 

 フィナンシャルプランナー3級は、金融や社会保険、税金や不動産など、社会人なら常識として知っておくべきことがらを学ぶには最適な試験です。仕事と無関係な分野について学ぶ機会はそれほど多くないので、貴重な経験となりました。わたしは、3級に合格したあとに、さらに2級にもチャレンジして見事に合格できました。上級資格や他の資格の勉強をするときも、役に立つ知識を身につけることができます。

 

自習カフェ 南森町店 30代男性




経験がなくても簿記2級に合格できた勉強方法

 もともと計算などが苦手で、自分には簿記が向いていないと思っていました。しかし、他の試験で合格できたことをきっかけに、もしかしたら簿記もやればできるかもしれないと思い挑戦しました。自分の限界を超えてみたいと思ったのがきっかけです。

 

 「サクッとうかる」シリーズを中心に勉強していきました。一通りテキストを読み、対応する問題をやっていきました。分かりにくいところは対応するマンガ教材などを補助的に利用しました。暇な時などにマンガを読むようにしていると処理の流れなどが分かりやすく、負担にもなりにくかったので良かったです。仕訳問題集なども利用しました。小型のものやテキストについていたもの、ダウンロードできるものなどを使い、バッグの中や部屋、トイレなど様々なところに置いていつでも確認できるようにしていました。直前には過去問題集を時間をはかって解いてみて時間の感覚をつかみました。結局合格した時もすべてを解くことはできませんでしたが、優先すべきものの取捨選択ができるようになったので良かったと思います。

 

 勉強を辛いものだと思わないように気を付けていました。つらいと思うとサボってしまうことになり、覚えたことが定着しないうちに忘れてしまいます。少しずつでも続けてやっていると次に始めるときに始めやすいのですが、数日手を付けていない状態で次に始めるときにはかなり切ろうします。毎日少しずつでもいいから何かに触れていくことを意識していました。また、単純な暗記もしっかり行うようにしました。仕訳などがきちんと頭に入っていないと、いくら流れが分かっても書くことができませんから、そこはしっかり覚えることにしました。覚えにくいものは書き出しておき、常に見直すようにしていました。2級をいきなり受験したのですが、3級の内容についてもしっかり理解したことで合格につながったと思っています。

 

 私は周りからも無理だといわれるほど、計算や数字を読むことが苦手でした。しかし、自分のできることを少しずつ積み重ねていったことで結果的に合格することができました。自分には無理だと思わずに、やってみることが大切だと感じています。

 

自習カフェ 心斎橋店 20代女性    




コツコツ勉強してビジネス会計3級合格

 転職した会社で、新人に取得を奨励された資格だったので勉強しました。会社は販売、物流が主な事業内容だったので、両部門で役立たせることが出来そうな資格としてこの資格を選びました。また他の資格と複合して持っていると、仕事の幅が広がる点でも魅力を感じました。

 

 使った参考書は中央経済社発売の「ビジネス会計検定試験公式テキスト3級」及び「ビジネス会計検定試験公式過去問題集3級」の2冊だけです。テキストはビジネスバックにも十分入る大きさなので、持ち運びに便利です。通勤の行き帰りの電車でパラパラめくりながら流し読みしていました。とにかく最初に一度全部目を通しておきたかったので、机の上や枕元などにも置いて、出来る限り目を通すよう心掛けました。
 単元ごとにしっかりとまとまっている本だったので、不安な個所だけ集中的に読んだりなど、知識の蓄積がしやすいテキストだと思います。問題集も同じ要領で、間違えた個所を中心に繰り返し解いていき、知識の定着に役立てる事が出来ました。

 

 子どもの育児もあり自宅でなかなか勉強時間がとれなかったので、近隣の図書館や、会社近くの有料自習室を利用して集中して勉強しました。主に問題を解きながら知識を定着させたい時にとても良かったです。特に有料自習室は、同じような目的を持った人が集まるため、良い刺激にもなり、勉強をするのにとても良い雰囲気でした。

 テキストは会社の休み時間や電車通勤の時、寝る前など隙間時間に読むようにし、全体的な流れや用語などをつかむ意味で見ていました。太字の所は目をつむって暗唱し、用語になれるよう心掛けました。会計の勉強は今回が初めてだったので、最初はよくわかりませんでした。なのでとにかく最初は慣れようと思い、理解度は別にして、とにかく繰り返しテキストを読み返巣といった勉強法を取り入れました。

 

 問題集は完ぺきに正答出来ない状態でしたが、試験には合格できました。振り返ってみると、テキストをとにかく繰り返し読む、問題集も繰り返し解くことで、慣れとし知識の定着を出来たものと感じています。また、勉強する環境を整えることも、合格のためして良かったと思っています。

 

自習カフェ 淀屋橋店 30代男性




簿記1級からステップアップ

私は現在の職から税理士に転職したいと思ったので簿記1級を取得しました。大学を通いなおす余裕も、実務経験もなかったので税理士試験の受験資格取得のため頑張りました。独学だったので不安も大きかったのですがなんとか合格できました。

 

 簿記1級を取得するにはまず基礎が出来ていないといけないと思い、簿記3級の勉強からやり直しました。「みんなが欲しかった簿記の教科書」シリーズを熟読し、わからない用語を一つずつ潰しました。それから、簿記3級、2級の「スッキリとける」シリーズの問題集をわからないところがなくなるまで繰り返し学習しました。ただ、やり直しだけをするのはモチベーションが下がってしまうので、並行して1級の問題もやることで新しい知識を吸収しているという満足感を得るなど工夫をしました。順番としては教科書で基本をおさらいし、23級の問題集をやりこみながら1級の教科書をじっくり読み込みました。それから本格的に1級の問題集をし、仕上げに過去問をやるといった形です。

 

 最初は職場に通いながら勉強するということがどうしても習慣づけることが出来ず、苦戦しました。自宅では誘惑が多くてどうしても他の事をやってしまったからです。そこで活用したのが自習室や図書館等を利用して強制的に勉強をするしかない状況に追い込みました。特に自習室はタダではないので元をとらなきゃ、という気持ちがモチベーションアップにつながったように思います。

 また通勤時間が当時30分近くあり、電車でぼーっとしている時間が多かったのでそこをアプリを利用しての仕訳の復習時間にしました。この方法は「私は簿記1級に受かるんだ、受からなければだめだ」という自覚がわいてきたので、私にはとても有効な方法だったと思います。

 

 簿記1級は23級よりもかなり時間をかけなければ合格ができない資格と言われていましたし、実際にやってみてそう感じました。なので、その長い勉強時間の間どうやってモチベーションを維持するかというのが重要だと思います。

 

自習カフェ 南森町店 30代女性




達成感!FP1級に合格して現状打破できました!

 社会人になってから三年が経過した頃、すべての仕事をこなすことができるようになっていました。マンネリ感があり、現状を打破しなければいけないという気持ちが沸き起こってきました。そのため、困難とされているFP1級の資格取得挑戦することを決意したのです。

 

 使った参考書は、TAC出版から発売されている「みんなが欲しかった!FPの教科書1級」シリーズです。カラー印刷になっているので、とても見やすい仕様です。そして、重要ポイントが見やすくまとめられていて、とても参考になりました。各科目で冊子になっていて、勉強している科目だけかばんの中に入れて、空き時間に目を通すようにしていました。また、実技試験の過去問と解説の掲載がされているので、実践的な勉強をすることができました。活用方法は常に手に届く所に参考書を置いて、頻繁に見ることを大切にしていました。全体がしっかりと網羅されているので、総仕上げにも役立ちました。頼りになるパートナーとしてとても心強い存在でした。

 

 先輩からおすすめしてもらって、自習室を利用していました。たくさんの人がいたので、負けないように一生懸命努力しました。必死になって勉強している後姿を見たら、自分も頑張らなければと闘志が沸きました。集中力を途切れさせないことに気をつけました。勉強方法はひたすら参考書の内容を頭に叩き込みました。そして、引っかかったところや分からないところをノートに書き、関連付ける内容と紐つけて覚えるようにしました。自習室は静かすぎず、でもうるさくなく、また空調も整っているので、勉強するためのベストな環境でした。カフェだと時間や、周りを気にしないといけないので、そこを全く気にせずにストレスフリーでたっぷりと集中することができ、とても感謝しています。

 

 FP1級の資格を取得することができ、自分自身一皮向けたような達成感を味わうことができました。現状を打破するためには、主体的に行動することが一番の早道であることを実感しました。これからもチャレンジ精神を大切にしようと思います。

 

自習カフェ 西中島店 20代男性

 社会人になってから三年が経過した頃、すべての仕事をこなすことができるようになっていました。マンネリ感があり、現状を打破しなければいけないという気持ちが沸き起こってきました。そのため、困難とされているFP1級の資格取得挑戦することを決意したのです。

 

 使った参考書は、TAC出版から発売されている「みんなが欲しかった!FPの教科書1級」シリーズです。カラー印刷になっているので、とても見やすい仕様です。そして、重要ポイントが見やすくまとめられていて、とても参考になりました。各科目で冊子になっていて、勉強している科目だけかばんの中に入れて、空き時間に目を通すようにしていました。また、実技試験の過去問と解説の掲載がされているので、実践的な勉強をすることができました。活用方法は常に手に届く所に参考書を置いて、頻繁に見ることを大切にしていました。全体がしっかりと網羅されているので、総仕上げにも役立ちました。頼りになるパートナーとしてとても心強い存在でした。

 

 先輩からおすすめしてもらって、自習室を利用していました。たくさんの人がいたので、負けないように一生懸命努力しました。必死になって勉強している後姿を見たら、自分も頑張らなければと闘志が沸きました。集中力を途切れさせないことに気をつけました。勉強方法はひたすら参考書の内容を頭に叩き込みました。そして、引っかかったところや分からないところをノートに書き、関連付ける内容と紐つけて覚えるようにしました。自習室は静かすぎず、でもうるさくなく、また空調も整っているので、勉強するためのベストな環境でした。カフェだと時間や、周りを気にしないといけないので、そこを全く気にせずにストレスフリーでたっぷりと集中することができ、とても感謝しています。

 

 FP1級の資格を取得することができ、自分自身一皮向けたような達成感を味わうことができました。現状を打破するためには、主体的に行動することが一番の早道であることを実感しました。これからもチャレンジ精神を大切にしようと思います。

 

自習カフェ 西中島店 20代男性




時間をうまく使って簿記2級取得

 当時、就いていた職に満足していなかった私は転職する際の武器の一つとして簿記2級を選びました。他の資格よりも比較的短期集中でとれることと、特別スクールなどに通わなくても手が届きそうだというのも大きな理由の一つです。

 

 私は簿記に関しては全くの素人だったので、まず初めに「みんなが欲しかった簿記の教科書」シリーズの3級を読むところからはじめました。いきなり2級にいくのは多分基礎的な知識が足りないだろうと思ってのことですが、これが後々きいたように思います。3級・2級と続けて読んでざっくりとイメージを掴んでからはずっと「パブロフ流でみんな合格」シリーズをやり込んでいました。一週目は正直ちんぷんかんぷんだったのですが、とりあえず一週目を終えるのを目標に、二週目からは何故間違ったのかを書くノートを作りました。試験二週間前に最後の仕上げとして過去問集を繰り返しやりこんで、少しでもわからないところがあれば「パブロフ流」に戻るといった感じです。

 

 とにかく仕事が忙しくても毎日基本の仕訳問題をやることを気を付けていました。まずは「簿記の勉強をする」ということを習慣づけることが大切です。どうしても自宅では集中力が持続しないときには自習室を利用することも多々ありました。適度に音楽がかかっているし、あとお金をかけた分しっかり勉強しなきゃ、という気持ちになれるのも大きかったと思います。それから通勤時間やランチタイムなどの隙間時間を利用して仕訳アプリで何度も仕訳をやりました。ちょっとした時間には仕訳を集中してやり、まとまった時間を問題演習にあてたことで効率よく学習できました。特に隙間時間での仕訳問題は、問題ごと暗記するくらいやり込んだので、それが本番のケアレスミス軽減に繋がりました。

 

 仕事をしながらの勉強はどうしてもモチベーションの維持が大変ですが「隙間時間をうまく利用すること」「集中できるまとまった時間をつくること」を意識してコツコツやれば簿記2級のハードルはそれほど高くないと感じました。

 

自習カフェ 本町女性専用店 20代女性