本を価値のあるものにする為の読み方、3ステップ

本はすごい有効な勉強ツールであり、様々な情報を得るには最適なモノです。私自身も本から多くの事を学び、そして実践してきました。ただ本を読むだけではなく、実際に本を価値のあるものにする為のビジネス/自己啓発本の読み方をご紹介します。

 

①目的を決める。目的を持って読む

 なぜその本を手にとったのか、その本から何を学びたいのかをまず明確にします。目的を持つ事、その事を意識して読む事によって、入ってくる内容も変わってきます。目的を決めることにより、重要なところ、そうでないところがはっきりとし、本を読むスピード、濃さも変わってきます。

 

②必要な箇所だけ読み、後は読み飛ばす。

 次に目的を決めましたら、その目的にあったところだけを集中して読みましょう。買った本の全てを読む必要はなく、また最初から読む必要はなく、興味あるところ、目的にあうところだけを読みます。目的とあってないところは読み飛ばしたら良いのです。そう、本を最初から最後まで力を入れて読まないことです。せっかく買ったのに全てを読まないともったいないと思うかもしれませんが、全てを頭に入れることは難しく、また途中で読むのをやめては意味がありません。知りたかったところだけを集中して読み、他のところには力を使わないことが重要です。

 

③その本から3つだけ学ぶ

 最後に、その本から3つだけを学ぶことをします。本には様々なことが書いてあり、あれもこれも考えがちです。しかし最初から3つだけ学ぼうと決め、今の自分にあう事柄3つだけを学ぼうとして下さい。そしてその3つの事柄、キーワードを手帳に書き、いつでも見られる状況にしておきます。書くことにより頭に入りやすい、そしてその後もキーワードを見るだけでも、内容を思い出すものです。それが3つ以上になると難しくなり、意欲も低下します。3つだけと考えると、結構気軽に読めるものです。

 

人それぞれ本の読み方はあると思いますが、せっかくお金を出した本です。是非、その本から1つでも2つでも、いや3つだけで良いので、実際に身になることを学んで頂きたいです。

 



英単語の効率的な覚え方 ただ眺めるだけ!

 英語の勉強方法は人それぞれですし、目的によっても変わってきます。しかし英単語というのは英語の基礎になり、単語さえ覚えていれば、なんとか会話もできるものです。そこで今回は英単語を覚える効率的な方法をご紹介します。

 

 自分のレベルにあった単語帳を使う事です。今回のテストでどこまでの単語が必要なのか、ビジネス英語を勉強したいのか、もし日常会話をするレベルであれば、初級用で大丈夫です。自分にあったレベルというのが大切です。自分で単語帳を作るのもありです。

 

 次に一つ一つの意味を知ることです。そこでは覚える必要はありません。一度は意味をしっかりと理解するということですが、そんなに時間をかける必要はなく、本を読むスピード、感覚で意味を捉えましょう。自分で単語長を作る場合は、書くのと同時に意味を考えているので、同時にこの作業をしている事になります。

 

 あとはこの単語帳を眺めるだけです。ただそれだけです。1ページ1秒くらいのスピードでページをめくっていきます。この時、文字を理解しようとはせず、ページ全体を、写真をとる感じで見ます。1秒なので読む事はできませんが、英語と日本語が書かれているという認識だけで大丈夫です。重要なところや覚えられないところをマーキングするのも良いです。そうすると、全体を眺めていても無意識的にその単語が目に入って来るため、より頭に残り易くなります。とにかく何度も何度も見ることが大切ですので、できれば1/日以上はパラパラと単語帳を眺めて下さい。15分くらいでできますので、空き時間を利用してやって見て下さい。

 

 最初からただ眺めるだけでもよく、意味を理解するのと並行でやっても構いません。英語は何より継続することが大切になります。いかに楽に、時間をかけずに勉強するとことが継続へとつながります。毎日見るだけでよいので、音楽を聞きながら、テレビを見ながらでも大丈夫です。自分にあった単語帳を1日1回パラパラ眺めて下さい。きっと半年後には、その英単語が頭に残っています。

 



資格合格 過去問の反復勉強が合格への近道!

 働きながら自身のスキルアップのためにも資格の取得を目指すという人もいるでしょう。しかし、日々社会人として仕事をこなしている上では勉強に集中できるほどの時間の確保は容易ではありません。そのため、試験に合格するためには効率のよい勉強方法を行うというのが絶対条件となります。

 

 まず行ってほしいのが優先順位を決めるということです。資格試験であれば試験範囲や科目などが設定されていることもよくあります。つまり、分かっている範囲は全体的に効率よく勉強を進めていく必要があるということなのです。それを可能にするのが優先順位です。まずはどういった科目をどの程度勉強するのか、どれくらいの期間を費やすのかなど自分なりの計画を立てましょう。得意分野を伸ばすのか、苦手分野を克服するのかというのも自身のモチベーションなどを考慮しながら考えます。また過去の出題傾向などを参考にするのも良いでしょう。こうして計画を練ってから過去問を解いていくという勉強方法を行うようにすれば、勉強の軸がぶれることなく試験に沿った勉強ができます。

 

 何度も反復で問題を解くことで脳も記憶していくので、「1日何分やる、1日何問解く」など自分の中で決めて毎日取り組むように心がけましょう。また過去問はその試験そのものですので、過去問を何度もすることにより頭に傾向が入り込み、合格に向けての知識が身につきます。

 

 もっともやってはならないのが「ノートにまとめる」という方法です。これは勉強ではなく作業です。参考書の内容を書いて覚えるということももちろん大切ですし、自分なりのまとめ方をすることによって頭に入るという人も少なくはありません。しかしこの方法では時間がどれだけあっても足りないのです。そのため決して効率がよいとは言えません。またノートにまとめることで勉強した気になるという錯覚をも引き起こします。こうしたことを防ぐためにもキレイにノートにまとめようとする方法は避けるのが無難です。

 

 資格に合格するには簡単な方法がありませんが、効率のよい勉強方法はあります。無駄なことに時間を使わないように優先順位を決め、そして過去問を繰返しすることが、合格につながります。

 



音楽は記憶力に好影響!?聴きながら勉強の効用

 「資格を取るために勉強はしたい。だけどなかなか集中できず頭に全く入らない。」そんな悩みを抱えていませんか?集中するって意外と難しいものです。それは子供だけでなく大人も同じなんですよね。皆さんは音楽がリラックスだけでなく、聴きながらの勉強方法で集中力も記憶力も上がるってご存じですか?

 

 勉強とは反復作業が多いものです。何度も繰り返ししていると退屈で眠くなり、集中力もだんだん落ちていきます。そこで効果をあげるのが音楽聴きながら勉強するという方法です。音楽を聴きながらの学習はかなり効率がアップします。眠くて集中力が落ちた時は、テンポのいいノリノリの曲というのもよいですが、基本的にはクラシックなどのリラックス効果を高めてくれえる、また歌詞がない曲が良いです。(歌詞がある曲は認知能力を低下させてします。)良い集中には、ほどよいリラックスが必要であり、音楽はそれを助けてくれます。

 

 音楽にはリラックス効果だけではありません。音楽を聞くことによって時間をゆっくりと感じることができ、落ち着いた気持ちで勉強することができます。そうすることにより、一つ一つの文字が頭に残り易くなり、記憶力が上がります。

 

 また調和のとれた音楽というのは集中力を高めてくれると言われております。良い音楽を聴かせながら、植物を育てたりするのもその一つになり、調和のとれた音楽は生き物に良い影響を与えてくれます。「モーツアルト効果」という言葉もあり、音楽は身体によい影響があるとされており、実際に記憶力が上がったということは実験でも証明されております。

 

 無音で勉強されるのも良いですが、音楽を聴きながら勉強するのも一つの方法になります。自分にあった曲(できればクラシック:モーツアルト)を選び、気持ちを落ち着かせ、勉強に取り組んで頂きたいものです。 

 



使える英語を身につける為の勉強法!

 学生時代に授業で英語は勉強していたけどほとんど身についていないという方は少なくありません。大人になってからしっかりと身につけたい場合にはどのような勉強方法を行うと良いのでしょうか。

 

 ず、日本人はどうしても文法などの形から入ってしまう方が多いですが、実践的な力を身につけるには書くことよりも「リスニング」が重要になります。会話などのコミュニケーションを取るには一方的に喋れても意味がなく、しっかりと相手の喋っている内容が理解出来るということが大切です。相手の喋っている内容が理解できれば、こちらの伝える力が多少拙かったとしてもある程度会話することが可能になるからです。

 

 では、リスニング力はどのようにして鍛えていけば良いのでしょうか。英会話教室に通える人は教室を利用するのが一番の近道かもしれません。しかし、時間やお金がないという人の場合は、ラジオを活用するといいでしょう。番組によってはテキストも販売されていますので、それを利用するとより効果的です。ラジオは無料で聞けますし、最近ではネット上でストリーミング放送や発音練習をすることも可能です。番組もレベルによって分かれているので、基礎の基礎からやりたいという場合にはそういった番組を利用すればいいですし、ビジネスシーンに特化した番組などもあるので便利です。他にも色々な教材がありますが、まずは聞くことに慣れるだけでも効果的です。最近ではどの本にも英語のリスニング用CDが付いてありますので、そういった英語教材をスマートフォンなどに保存しておけば通勤時などに繰り返し聞くことができます。

 

 それに加えてシャドーイングを行うとより効果的でしょう。 シャドーイングとはすぐ後に復唱をすると言う方法で、元の言葉を追いかけるようにして発音していくものになります。これによってリズムやアクセントなどが身につきますし、慣れてきたらオーバーラッピングといって音声と一緒に喋るという方法も取り入れるとより効果的です。 この様に英語を聞いて話すことで耳が英語に慣れ、実践的な力が身につきやすくなるのです。

 

 使える英語にするにはまずはリスニング力を鍛えましょう。それができれば会話はなんとかできるものですし、シャドーイングをしていけば、自然に口から英語が出てくるようにもなります。是非、継続してやって見て下さい。