社会人の資格勉強!モチベーションを持続させる10個の方法とは?

社会人の資格勉強は大変です。特にモチベーションを持続させるのは難しいと思います。そこで、この記事ではモチベーションを維持させるための10個の方法について簡単に解説します。

目次

1. 将来像をイメージする

2.勉強の目標を立てる

3.アメとムチを使いこなそう

4.競争意識を持とう

5.危機感を持とう

6.監視されている意識

7.身体を動かそう

8.勉強しない日を作る

9.音楽を使う

10.勉強場所を変える

まとめ

1. 将来像をイメージする

まずは、資格を取得することで、なりたい自分の将来像をイメージして書き出しておきましょう。モチベーションが下がったときにも、将来像が明確であれば、勉強を続けることができます。

2. 勉強の目標を立てる

壮大な勉強のスケジュール計画をたてても、計画通りにはいかないものです。そこで、自分の手の届きそうな1日の小さな目標をたてましょう。勉強を始めてもすぐ飽きたり、モチベーションが下がるのは今の目標に手が届かないものになっているからです。

3. アメとムチを使いこなそう

自発的な勉強ができなければ、アメとムチを使ってみましょう。例えば、アメとして、決めた勉強範囲が終わったらタバコを吸えるようにする。ムチとして、目標が達成できなければ、お酒を禁止にするなどを予め決めておきます。自分なりのアメとムチを駆使しながら勉強のモチベーションアップに繋げてみましょう。

4. 競争意識を持とう

予備校、勉強会などで同じ資格試験の勉強する仲間を作り、ライバルとして競争意識を持つことでもモチベーションアップに繋がります。

5.危機感を持とう

例えば、資格試験に落ちたら昇進できない、資格にかけたお金が無駄になるというような危機感について書き出しておくことで、やる気を向上させられます。

6.監視されている意識

家族がいるリビング、カフェなどの環境で、自分の勉強が他の人に監視されている状況にすれば、それがプレッシャーとなり勉強を続けることができます。

7.身体を動かそう

どうしても勉強のやる気が起きないときは、身体を動かしてみましょう。散歩、ランニング、スポーツジム、サイクリングなど外で身体を動かしたり、室内で屈伸、ストレッチなどを行うと気分転換になります。

8.勉強しない日を作る

根を詰めて毎日勉強し続けると疲労しきってしまいます。そのため、適度な休日を設定しておく必要があります。一日中遊びに行くなど、勉強から離れて気分をリフレッシュさせることで、次の日からも勉強に励むことができるでしょう。

9.音楽を使う

勉強前に自分の好きなロックやポップスなどの音楽を聴くことで、やる気を出すことができます。勉強中はジャズやクラシックなど勉強に適した音楽を聴くと勉強の邪魔になりません。

10.勉強場所を変える

自宅での勉強が続かなくなってきたら、外のカフェや自習室を使うなど勉強場所を変えると新鮮な気持ちで勉強を続けることができます。

まとめ

資格試験に合格するために上記で紹介した方法を駆使しながら、モチベーションを維持して勉強していきましょう!