社会人が働きながら公務員試験に合格する勉強法とは?

この記事では、社会人が仕事と両立しつつ公務員試験に合格できる予備校に通わない勉強法について解説していきます。

目次

1. 働きながら公務員試験に合格する人の話は聞いたことあるけど本当に可能なの?

2.合格した人の共通点とは?

3.消去法による勉強法

4.予備校で勉強するべき?

5.おすすめの自習場所 

6.まとめ

1. 働きながら公務員試験に合格する人の話は聞いたことあるけど本当に可能なの?

会社で仕事に悩む女性

民間に就職してはみたが、安定を求めて公務員…。よく耳にする話だと思います。実際に公務員試験を受けようにも、まずは試験勉強と仕事の両立は中々難しいのが現状ですよね。「公務員試験合格のために一念発起!仕事を辞めて予備校に通って勉強!」←このように思い切りよくできれば苦労はしないと思います。私がこれから書くのは【仕事と両立しつつ、予備校に通わない勉強法(合格法)】です。

そんなことができれば、予備校なんてものは存在しないじゃないか!という声も聞こえてきそうですが、本当に可能です。

 実際に公務員として働いていた私が、「民間で働きながら合格した同僚」数人の話を元にまとめさせていただきました。働きながら合格した人には皆、同じ共通点があり、目から鱗が落ちるようなものばかりでしたので、ぜひ「働きながら合格」を目指す皆様の参考になれば幸いです。

2. 合格した人の共通点とは?

前述した共通点が気になるところでありますが、ズバリ共通点とは、「公務員試験とは、消去法であることを理解している」ということです。これは、試験問題がということではなく、受験先選びの段階から試験問題まで全てが消去法で決定されるということです。

 具体的に、どういうことなのか。

例えば、普段仕事をしながら公務員試験受験をする場合において、受験先はどういう所になるでしょうか。地方自治体か、国家公務員か、国家公務員なら1種を受けるのか、それとも2種を受けるのか、地方なら政令市を受けるのか、県庁を受けるのか、また、上級か初級か実は、転職組の公務員試験受験者には選択肢は多くありません。行きたい所に行けるのがベストですが、年齢や学歴、試験難易度など、多くの縛りが存在します。

 転職にて公務員試験受験をする方、その中でも働きながら合格を目指す方は、「公務員であれば、どこでもいい!どこかに引っ掛かってくれればいい!」という気持ちでないと、受けない方がいいと思います。受かる確率の少ない、高い競争率の試験に挑む訳ですから、理想を捨て去ることが必要です。霞ヶ関で働く自身をイメージしながら勉強に取り組むのも悪くないことですが…、まずはできること、できないことを決めるのが重要です。

 そのなかで、自分がその官庁の採用条件に合致しており、合格率が比較的高いと思われる試験を受けるべきなのです。「受かるかも…」は捨てましょう。

受験先選びは消去法にて、「受かる見込みのある所」のみを受験していくことが、合格に繋がります。公務員試験は点数で決まる訳ですから(面接も点数方式)、番狂わせもラッキーパンチもありません。身の丈に合ったところを選ぶべきなのです。

3. 消去法による勉強法

さて、消去法で得られる受験先選びをしましたが、そこからは何よりも試験勉強が必要になってきます。1次試験が突破できないことには面接への挑戦権は得られません。公務員試験は広範囲、多分野に渡って出題されます。何から手をつけるかが最初の難関だと思います。しかしながら、ここでも消去法で勉強を進めていくことが必要です。何故なら、試験によって必要な科目、出題形式はそれぞれ傾向があるからです。受験しない試験に出題される科目は勉強しても意味がありません。

例を挙げると、判断推理の出題で出てくる「暗号」問題は一部の地方上級でしか出題されないため、勉強時間が限られている社会人受験者の方々は勉強しても無駄でしかないでしょう。「もし、出題されたらどうしよう…」と、考える人もいるかと思いますが、公務員試験はより合格するための確率を消去法で上げていく試験です。他の問題も全て確率であり、必ずこれが出るというのはありません。「必ず」が無い以上「もしかしたら…」も捨てるべきなのです。

4. 予備校で勉強するべき?

では、上記のような試験範囲の傾向などはどうやって知ればよいのか?勿論、予備校に通うのも一つの手ですが、今回は「予備校に通わないで合格」を目指しています。コスト的にも高いし、仕事終わりに予備校に通える環境の人ばかりでは無いと思います。 

したがって予備校以外の方法にて、情報を仕入れることが必要です。実は、公務員試験の参考書の中にはそういった試験の傾向や、出題レベルが掲載されているものが多くあります。最新の過去問の参考書を購入し、チェックすることで、予備校の参考書に引けを取らない情報は手に入れることができるのです。オススメは「スーパー過去問」という参考書です。毎年発刊され、過去問を通して網羅的に傾向をつかみ、勉強していくことができます。出題範囲を消去法で絞っていくにはピッタリの参考書と言えるでしょう。 

このように、過去問の参考書で傾向をつかみ、自身の志望官庁に必要な試験科目を絞っていくのが、限られた時間の中で勉強をしていく最善の方法です。

この方法は予備校に通うことでは得られません。何故なら、予備校の参考書は所謂「学校の教科書」的であり、まずは授業にて基本知識の習得、その後過去問へと別の参考書を使い、勉強していくというように、時間をかけて習得していくようにカリキュラムが設定されているのです。また、予備校では「科目を絞る」というやり方は否定されます。 

筆者も予備校に通っていましたが、予備校では「とりあえず色々な試験を受けろ!」というような受験方法に誘導されていきます。

合格可能性を広げるためには、合格可能性が低い試験でもとりあえず受験させることで、受かるかもしれないし、次の試験へのリハーサルとなるというような考え方です。時間の限られた社会人受験者には悪手であるといえるでしょう。 

予備校の勉強法は時間がある人には良いと思いますが、時間が限られている社会人には、「ひたすら過去問を解いてから、わからないところを覚えていく」やり方こそが最善策と言えるでしょう。つまり、予備校の勉強法とは逆なワケです。

5.おすすめの自習場所 

これから、いざ勉強しようとしても社会人受験者につきまとう悩みが自習場所です。予備校通いであれば、自習室も使えますが、独学だとそうもいきません。(予備校の自習室のみの利用もできますが、月々高額料金です!)そこで、利用できるのが、市や大学の図書館、そして民間の有料自習室です。安価で利用ができ、長時間の集中ができます。静かな環境で集中することは合格への近道であると言えるでしょう。

6.まとめ

転職での公務員試験は、「如何に時間を有効に使えるか」です。そのためには、合理的に、消去法で科目・出題範囲を絞り、確実に出る問題を落とさないようにし、受かる見込みが高い所を受けていきましょう。そうすることによって、必ず試験合格へと近づくはずです。

まずは、「できるかも」を捨てるところからやってみませんか?


家で勉強できない社会人に適した自習スペースとは?おすすめの場所10選!

あなたは家で集中して勉強できているでしょうか?社会人であれば家に家族がいたり、テレビやパソコンなどの娯楽があると、家で集中した勉強ができないかもしれません。そこで、この記事では、有料自習室やコワーキングスペースなど、おすすめの自習スペースについて10選を解説します。

1. 会社で自習

会社で自習

会社で働く社会人が自習する場所として、会社内が考えられます。会社に早めに出社して、仕事前に自習が可能でしょう。昼休みにも自習。仕事の終わった後、会社内に残って自習もできそうです。しかし、会社内にいれば、電話対応や、仕事を頼まれたりして、同僚や上司に自習を邪魔されるかもしれません。会社内では一気に集中するような自習方法よりも、スキマ時間でもできる自習方法がいいでしょう。


2. 通勤電車で自習

電車で自習する女性
会社で働く社会人の自習方法として、通勤中の電車内で資格の本を読むことができます。満員電車で、本を広げて自習ができない場合は、スマホで見れる教材動画や、電子書籍を利用するという方法もあります。このように、通勤の移動時間を有効に使うことで、効率的に自習ができます


3. 通勤車で自習

通勤に車を利用する場合は、本を使った自習ができません。そこで、音声学習を取り入れて自習していく必要があります。音声学習とは、スピードラーニング、YOUTUBE、オーディオブック、PODCASTなどの音声を活用した学習になります。音声学習の教材がない場合は、自身で録音して音声をリスニングする方法もあります。本の内容を人に説明するように録音しておき、繰り返し聞くことでもアウトプットとインプットの両方を活用した自習が可能になります。


4. 屋外で自習

屋外で自習

カフェのテラス、公園のベンチ、家の庭やベランダなどで自習するソト勉という方法があります。晴れた秋や春の季節であれば、快適な自習が可能です。日光を浴びることで脳内のセロトニンが分泌され、精神を安定させ、気分を明るくしてくれます。気分転換として、ソト勉を活用していくと、自習にメリハリがついてよいでしょう。


5. 喫茶店・カフェで自習

カフェで自習

スターバックス、ドトール、ベローチェなどのチェーン店のカフェを使ったり、個人の喫茶店を利用して自習ができます。眠気覚ましとしても、コーヒーを飲みながら集中して自習ができるでしょう。カフェの適度なノイズはクリエイティブな発想が高まるといわれています。

デメリットとして、時間帯によって、店全体が賑やかな話し声で集中しにくくなるときもあります。静かな環境で自習をしたい方にとっては不向きでしょう。


6. ファミレス・ファーストフードで自習

ファミレス

ロイヤルホスト、ガスト、サイゼリアのようなファミレスであれば、ドリンクを飲み放題にしたり、軽食を食べながら自習ができます。ただし、ランチやディナーなどの混んでいる時間帯は避けないと、他の客に迷惑がかかるので注意しましょう。

24時間営業の店舗もあるため、夜型の社会人は深夜でも集中してファミレスで自習ができます。

ファーストフード

マクドナルド、ケンタッキーフライドチキン、ロッテリアなどのファーストトフード店も自習するには適した場所です。カフェよりも、ドリンクや食事代が安く利用できるのが利点です。デメリットとして、カフェよりも騒がしく、落ちついて自習ができないかもしれません。

騒音が気にならない社会人にとっては、コストパフォーマンスが優れた自習場所といえるでしょう。


7. マンガ喫茶・ネットカフェ・カラオケ店で自習

マンガ喫茶・ネットカフェ

漫画喫茶、ネットカフェには個室があるため、静かな環境での自習が可能です。ドリンクが飲み放題で利用できます。漫画、ネットサーフィン、ゲームなどの誘惑が多いため、自習に集中しにくいかもしれませんので注意が必要です。漫画等は息抜きに利用するといいでしょう。

カラオケ

カラオケでは周りの歌声がうるさいため、自習に適さないと思われるかもしれません。しかし、音読を使った自習をするのには適した空間です。長期記憶として暗記するには、音読するのがいいでしょう。自習に疲れたら、カラオケで歌うことでリフレッシュもできます。


8. コワーキングスペースで自習

コワキーングスペースとは様々な業界、年齢の人々が集まり、仕事をしたり、ノウハウやアイディアなどの情報を共有できる有料スペースになります。

コワーキングスペースはフリーランスや、起業家の人が仕事をする場所として最適です。しかし、ほとんどの人は自由な空間でパソコンを利用した仕事をしています。会社員の社会人が本を使った自習する場所としては、パソコンのカタカタ音や講演会などの声が気になって集中しにくいかもしれません。プログラミング学習など、パソコンを使った自習であれば積極的に使っていくのもいいでしょう。


9. 図書館で自習

公立図書館

図書館で自習

公共の図書館は無料で利用ができるため、社会人の自習場所の候補の1つになるでしょう。静かで落ち着いた空間であるため、自習するのには適した施設です。デメリットとしては、閉まる時間が早いため、夜は自習に使うことができません。さらには、自習が原則禁止出会ったり、利用時間の制限が設けられている図書館もあります。人気の図書館や学生の試験前であれば、自習用の席がないことも多いです。そのため、仕事帰りなどには利用しにくいかもしれません。

大学図書館

他にも大学の図書館で自習するという選択肢もあります。国立大学は一般利用の手続きをすれば、無料で図書館の利用ができます。私立大学によっては、同じ地区に住んでいる人だけに図書館を開放していたり、有料で図書館を利用できる場合もあります。しかし、例えば京大では、自習室としての利用が禁止されていたりと、大学によって制度が違うので注意が必要です。大学図書館を自習室として利用されたい場合には大学に問い合わせてみましょう。


10. 有料自習室で自習

近年では、有料の自習室の利用者が増えています。予備校や塾に通っていない受験生。静かで落ち着いた場所で自習を行いたい社会人が利用しています。個室のブース席があるため、集中したい人には適した場所でしょう。

図書館と違い、夜遅くまで利用ができます。図書館は駅から遠いことが多いですが、主要な駅前に自習室があるため、会社帰りの社会人でもすぐに利用ができます。自分の席をしっかりと確保できるため、自習場所に困ることがありません。有料自習室の相場としては、月に10,000円程度の料金がかかります。静かな空間で集中した自習をしたい社会人にはおすすめです。


まとめ

自習する場所を選ぶには、自分にどんな場所が適しているかを見極めなければなりません。今回紹介した自習できる場所を試してみて、最も自分に適した自習スペースを見つけてみましょう。


おすすめの自習カフェ

図書館で自習

会社帰りの社会人でも夜に自習室が利用できます。大阪駅、心斎橋、淀屋橋など、大阪の主要な駅前に14店舗あるため、首都圏で働く社会人には利用しやすい立地となっています。自習室内では勉強に良いとされるクラシックBGMが流れているため、無音な空間よりも、集中力を高めて自習が可能です。自習カフェではフリードリンク、Wifi、各テーブルにコンセント、書籍コーナー、休憩スペースなど快適な空間を提供しています。

防犯カメラ、オートロック、ロッカー、ブランケットが備え付けてあるため、女性でも安心安全に自習カフェを使うことができます。

フリーアドレスの自由な席のため、指定席のある他社よりもリーズナブルな価格設定として、月に3,900円~9,900円程度の料金でご利用いただけます。さらに、座席の確保が保証される制度もあるため、満席で座れない心配はございません。
是非とも一度、自習に最適な自習カフェを見学してみませんか?