ポジティブの教科書 

著者:武田双雲

 

幸せにある三つの簡単な基本

1.幸せを与えること。

2.幸せであることに気づくこと。

3.幸せな言葉を発し、幸せな態度をとること。

この三つを実践する事により人生は変わります。幸せになれます。少し考えて方や、態度を変えるだけで幸せになれます。

 

 まず感謝しましょう。そして感謝している事をしっかりと伝えましょう。「ありがとう」というだけで、恵が引き寄せられます。会社でも家でも先に感謝を伝える事です。「・・・してくれない。」と「・・・してくれるんです。」少しの違いですが、これが、自分が幸せになれるかどうかの分かれ道です。常に感謝の気持ちを持って人に接すると、案外自分も幸せな気持ちになれるものです。今は便利な世の中になり、やってくれて当然という考えが生まれがちですが、やってくれている人がいるのです。気がついたら、「美味しかったです。」「いつも有難うございます。」と恥ずかしがらずに言ってみましょう。これでお互いが幸せになれます。

 

 人間関係は生きて行くなかで非常に難しい問題です。人間関係がうまく行かないとき、人に変わって欲しいと思う時は、自分が変わる事です。自分が変われば相手も変わります。上記の話ではないですが、自分が先に感謝をすると、おのずと相手も感謝してくれるものです。変わりたくれも変われない…と思っている方も多いですが、勇気を持って一歩踏み出すと、案外大した事ないものです。まずはやってみる事、これが大切になります。簡単なところでは、あいさつをすると良いです。挨拶は心をひらくと良い、すばらしい力があり、挨拶をするだけで運気が上がります。

 

 ヴィジョンを持つ事も非常に大切です。1日に一回、未来の自分をイメージする時間を持って見て下さい。想像力(イメージ)はすごい力を持っており、「病は気から」と言うように、悪いイメージをするとそうなりますし、良いイメージをすると病気も回復するそうです。イメージしたものが引き寄せられるものなのです。なので、この想像力という力をうまく使い、自分の良い未来のイメージ、「未来日記」を一度作って見て下さい。また毎日を楽しく過ごすには、理想の1日を描く「明日日記」を書いてみるのも良いです。

 

 日々の生活で少し考え方を変えるだけですぐにできる事ばかりです。ぜひ明日から、自分から感謝する、挨拶する事から始めてみてはいかがでしょうか。

 

通常は、心斎橋店に置いてあります。