キャリアコンサルタントの資格取得体験談

 私がキャリアコンサルタントの資格取得をしようと考えたきっかけは、職場の部署が変わり、この資格が業務に必要となったからでした。私は大学職員として勤務しているのですが、学生の就職支援課に異動となり、学生に適切な指導を出来るようになりたいと感じ、スキルアップのため取得を目指しました。

 

 私が主に活用した参考書は、東京リーガルマインドLECが発行している「国家資格キャリアコンサルタント学科試験予想問題集」という参考書でした。仕事が終わった後の平日の夜中や休日などに、大学や公立図書館、民間の自習室を利用して毎日コツコツと勉強をし、間違えた部分や分からなかった部分にチェックを付け、間違えた部分については解説を読むなどして、重点的に学習しました。試験本番までにはこの問題集を5週ほど解き、この問題集に載っている問題については、ほぼ完璧に解答できるようにしました。また、この参考書以外では、キャリアコンサルタント試験の公式サイトからダウンロードできる、キャリアコンサルタント試験の過去問についても全てダウンロードし、2週ずつ問題を解きました。

 

 参考書を解く上では、きちんと考えて解き、適用に考えないようにしました。加えて、間違えた部分については印をつけておいて、その部分については問題集に載っている解説を読んだり、職場の上司に解説をしてもらったりして、理解を深めました。間違えた問題や分からなかった問題については、絶対に放置をせず、次に同じような問題が出てきたときには確実に解答できるようにと、理解を深める事に努めていました。

 また仕事が忙しい日でも、毎日欠かさずに参考書の問題を解く事に努めていました。忙しい時には、たとえ短時間であっても毎日欠かさずに学習を続けたことが、合格に繋がったのだと自分では思っています。加えて自宅ではなく、自習室という学習に適した環境を利用したことも良かったのではないかと感じています。

 

 一冊の参考書を徹底的にやりこんで、その問題集の問題は完璧に出来るようにすること、毎日欠かさずに勉強をすること大切にして、勉強を続けていました。また私の場合、資格試験の勉強と仕事の実務が繋がっていたので、勉強がしやすかったです。

 

自習カフェ 江坂店 30代女性