喜びが溢れている!自習室で勉強して弁理士の資格に合格!

 趣味で資格取得をしている先輩が職場にいて、刺激を受けて資格取得に興味を持ちました。多くの資格の中からこれからのビジネスに欠かせない知識を得ることができる弁理士の資格を選びました。仕事に役立つため、ステップアップすることができると考えたからです。

 

 使った参考書は3種類になります。基本法令集と四法対照法文集と論文試験用法文集です。基本法令集は基本が収められているので、隙間時間があるたびに目を通すことを心がけました。すべてを暗記するぐらいの気持ちで、真剣に見ていました。そして、四法対照法文集は実用的な条文が掲載されています。隙間に気になったことを書き込んで、基本法令集で内容を確認しながら理解を深めていきました。また、論文試験用法文集は本番の論文試験に近い形式になっているので、実践的な勉強をすることができます。試験の日にちが近づいた時に、論文試験用法文集を集中的に勉強しました。答えを何度も見直し、すべて正解できるぐらい確実性を高めていきました。

 

 はじめは休日にカフェで勉強していましたが、どうも周囲からの視線が気になってしまって集中できずにいました。そのため、誰にも邪魔されない場所がいいと思い、自習室を利用することにしました。20代から30代ぐらいの自分と同じような年代の人がたくさんいたので、居心地かいいと感じました。静かな環境だったので、とことん集中することができました。そのため、やるべきことにしっかりと取り組むことができ、必死になって勉強することができました。特に、やる気が途切れないように、具体的に資格取得ができた時のイメージを強く持つことにしました。モチベーションを維持することに気をつけて、勉強していたのです。何度も参考書に目を通して、分からない箇所をメモしていきました。

 

 無事に試験に合格することができ、晴れやかな気持ちです。何かに一生懸命取り組むことはこんなにも充実感があることなのかと、驚いています。必死になって努力したので、喜びに溢れています。身につけた知識をしっかり活用して、多くの人に貢献していきたいです。

 

自習カフェ 江坂店 30代男性