高確率で英検準一級を取得するための勉強方法を教えます

 商社に入社してすぐに最低限英検準一級が必要だということに気づきました。海外とのやり取りはメールなどなのですが、全て英語です。こちらから依頼する内容も英語ですので、読解力と作文能力を高めるように上司から言われたのがきっかけになりました。

 

 参考書は「英検準一級でる順パス単」や「英語で意見を論理的に述べる技術とトレーニング」などを使いました。この他に英検準一級シリーズはほとんど使いこんでいます。自分の弱点はリスニングだと分かっていたので、特に勉強していました。文法や読解は大学の受験勉強でしていた英語と、多くの部分で重なっていたので得点は伸びやすかったです。もう一つ活用していたのがゲームのようにテストを受けられるアプリです。このアプリを使うと電車の中でもヘッドホンをすれば集中して問題を解くことができました。サクサクと進むので何度でも挑戦することができたのです。終わった後に解説が付くので、参考書を引っ張り出さなくても理解することができました。特にリスニングでは注意するポイントが分かり、次回は引っかからずに済みました。また、詳細な説明が聞き終ったすぐに見られるので理解するのに役に立ちました。

 

 勉強時間は主に通勤の電車の中やお昼休みなどを利用しました。できる限り時間を勉強に割くという意識が大事だと思っています。習慣化されていないと勉強の時間を作らないことが多くなってしまうからです。時間がない時でも必ず勉強の時間を作ることをしていました。土日など時間がたくさんあるときには集中するために、自習室などを利用して、勉強する環境をつくることもしました。また、自宅で勉強しているといつの間にか他のことをしているので、なるべく外で勉強するようにしていました。他には楽しみを少しだけ削って、勉強の時間に充てるということを心がけていました。飲み会やテレビなどの時間を削るだけでもかなりの時間を作ることに成功したと思います。社会人は時間が限られているので、削れる時間を勉強に充てるくらいの気持ちの方がいいでしょう。

 

 英検準一級は書き問題だけではないので、リスニング対策もしっかり行うことが大事です。勉強時間の配分は自分の弱点に沿って行うとよいでしょう。勉強の時間は楽しみや通勤時間などを活用して作ると仕事に支障なく勉強できます。

 

自習カフェ 江坂店 20代女性