音楽は記憶力に好影響!?聴きながら勉強の効用

 「資格を取るために勉強はしたい。だけどなかなか集中できず頭に全く入らない。」そんな悩みを抱えていませんか?集中するって意外と難しいものです。それは子供だけでなく大人も同じなんですよね。皆さんは音楽がリラックスだけでなく、聴きながらの勉強方法で集中力も記憶力も上がるってご存じですか?

 

 勉強とは反復作業が多いものです。何度も繰り返ししていると退屈で眠くなり、集中力もだんだん落ちていきます。そこで効果をあげるのが音楽聴きながら勉強するという方法です。音楽を聴きながらの学習はかなり効率がアップします。眠くて集中力が落ちた時は、テンポのいいノリノリの曲というのもよいですが、基本的にはクラシックなどのリラックス効果を高めてくれえる、また歌詞がない曲が良いです。(歌詞がある曲は認知能力を低下させてします。)良い集中には、ほどよいリラックスが必要であり、音楽はそれを助けてくれます。

 

 音楽にはリラックス効果だけではありません。音楽を聞くことによって時間をゆっくりと感じることができ、落ち着いた気持ちで勉強することができます。そうすることにより、一つ一つの文字が頭に残り易くなり、記憶力が上がります。

 

 また調和のとれた音楽というのは集中力を高めてくれると言われております。良い音楽を聴かせながら、植物を育てたりするのもその一つになり、調和のとれた音楽は生き物に良い影響を与えてくれます。「モーツアルト効果」という言葉もあり、音楽は身体によい影響があるとされており、実際に記憶力が上がったということは実験でも証明されております。

 

 無音で勉強されるのも良いですが、音楽を聴きながら勉強するのも一つの方法になります。自分にあった曲(できればクラシック:モーツアルト)を選び、気持ちを落ち着かせ、勉強に取り組んで頂きたいものです。