本を価値のあるものにする為の読み方、3ステップ

本はすごい有効な勉強ツールであり、様々な情報を得るには最適なモノです。私自身も本から多くの事を学び、そして実践してきました。ただ本を読むだけではなく、実際に本を価値のあるものにする為のビジネス/自己啓発本の読み方をご紹介します。

 

①目的を決める。目的を持って読む

 なぜその本を手にとったのか、その本から何を学びたいのかをまず明確にします。目的を持つ事、その事を意識して読む事によって、入ってくる内容も変わってきます。目的を決めることにより、重要なところ、そうでないところがはっきりとし、本を読むスピード、濃さも変わってきます。

 

②必要な箇所だけ読み、後は読み飛ばす。

 次に目的を決めましたら、その目的にあったところだけを集中して読みましょう。買った本の全てを読む必要はなく、また最初から読む必要はなく、興味あるところ、目的にあうところだけを読みます。目的とあってないところは読み飛ばしたら良いのです。そう、本を最初から最後まで力を入れて読まないことです。せっかく買ったのに全てを読まないともったいないと思うかもしれませんが、全てを頭に入れることは難しく、また途中で読むのをやめては意味がありません。知りたかったところだけを集中して読み、他のところには力を使わないことが重要です。

 

③その本から3つだけ学ぶ

 最後に、その本から3つだけを学ぶことをします。本には様々なことが書いてあり、あれもこれも考えがちです。しかし最初から3つだけ学ぼうと決め、今の自分にあう事柄3つだけを学ぼうとして下さい。そしてその3つの事柄、キーワードを手帳に書き、いつでも見られる状況にしておきます。書くことにより頭に入りやすい、そしてその後もキーワードを見るだけでも、内容を思い出すものです。それが3つ以上になると難しくなり、意欲も低下します。3つだけと考えると、結構気軽に読めるものです。

 

人それぞれ本の読み方はあると思いますが、せっかくお金を出した本です。是非、その本から1つでも2つでも、いや3つだけで良いので、実際に身になることを学んで頂きたいです。